双子座

いつも見て下さりありがとうございます。さて、今回は双子座です。

今回も牡牛座からの流れで説明します。

赤ちゃんに例えると、ガラガラ、おしゃぶりに夢中(五感)になっていたのが 、次はヨチヨチ歩きを覚え、外界への冒険に夢中になっているイメージがふたご座です。

牡牛座で覚えた感覚を持って、外界へ意識を向けるのです。なのでふたご座は好奇心が旺盛で、外界へ意識を向けますからここで初めてコミュニケーションをとるのです。 しかしコミュニケーションと言っても、基本は自分に意識が向いてますから、他人を気づかうわけではありません。

 

12星座は半分の乙女座までが個人の成長過程で、7個目の天秤座から社会性の育成となり、新しい環境や対人関係に飛び込んでいくことになります。なので前半にある双子座は、コミュニケーションとは言っても対人関係では無く、自分自身の言語能力や知的好奇心、理解力などに焦点があたります。

 

双子座は、風の柔軟宮。風は理論的、思考、言葉、情報を司り、柔軟なのでこだわりも無ければ、飽きっぽいです。自分にこだわりが無いため、他人のこだわりを馬鹿にする面があり、それが、いまいち評判が悪くなってしまうかもしれませんが、悪気は全く無いのです。

 

風は思考、情報を扱いますので、頭の回転は良く、物事の習得も早いです。

おしゃべりなので、電話も大好きですね。

 

それぞれの惑星と掛け算してみましょう。

 

太陽×双子座

好奇心旺盛で、多彩な知識をみにつける事が人生の目標となります。しかし移り気で飽きっぽいところが欠点で、器用貧乏になってしまう人もいるでしょう。他の惑星との兼ね合いでまた変わってきますね。

 

月×双子座

遊び心にあふれた変化の多い毎日が好きで、些細なことに好奇心を抱きますが、飽きるのも早いです。同時に2つ以上のことができますが、注意力は散漫。饒舌になればなるほど、自分の事が分からなくなってしまうことも。

 

水星×双子座

水星は双子座の支配星なので、特徴が存分に発揮されます。

水星といえば、知性、知覚、言語能力、会話を司りますので、双子座があるということは、高度は理解力、情報収集能力、言語能力を持って生まれた才能として持っています。

 

金星×双子座

楽しいことや趣味を表す金星に双子座があると、好奇心旺盛で多趣味。恋愛では楽しい会話力で相手の気をひきますが、浮気っぽいとkころもあるでしょう。こだわりが無いからか、本気で人を好きになれないという悩みを持つこともあるのではないでしょうか?

 

火星×双子座

好奇心をそのまま実行に移す行動力があります。常に同時進行で何かをやってますし、巧みな話術で自分の主張を通します。

 

木星×双子座

双子座の好奇心や多彩な面を追求していくことで、運が開けます。大きなチャンスを掴むことがあるでしょう。雑学知識で人を楽しませることも得意でそこから人間関係の広がりも期待できます。

 

土星×双子座

子供の頃、家族とのコミュニケーションに問題があり会話にコンプレックスを持っていたり、コミュニケーションが上手にとれなかったりします。しかしそこを乗り越えることで教育者としての才能を発揮することができます。

 

このように、惑星で少しづつ意味が変わってきます。

 

木星以降の天王星、海王星、冥王星はトランスサタニアンといい、とても大きな星で、なかなか動かない星です。変わった星だと捉えるといいかと思います。またそれはそれで後日まとめたいと思います

Salon anemone*  心のセラピスト 星詠みずえ

どのセッションをやっても

1時間6000円(継続5,000円)

2時間10000円(継続9000円)

ヒプノセラピー(前世・インナーチャイルド)

心理カウンセリング

バッチフラワーレメディー

精神アロマセラピー

西洋占星術・タロットカード 

お気軽にお問合せ下さい

セッションのご依頼はコチラ → ★★★

anemone@tarot-hoshimi.com

080-3763-4574

LINE ID →anemone1117

神戸市北区八多町  神鉄道場南口駅から10分

神戸北・三田プレミアムアウトレット近く

秘密クラブ

実践!スピ力☆無限の可能性を引き出す会

週末写真集      kokoroの色