大アルカナと占星術 続き

こんにちは(^^♪

今日も見て下さってありがとうございます☆昨日の続きをまとめようと思います。

今日は星から

 

星 水瓶座

裸の女性が両手に水瓶を持ち、一つは湖へ一つは大地へと水瓶から水を注いでいます。この水は希望の水で、大地に流した水は、豊かな植物を育てますし、

湖に流した水は、周りの水と混じり合い、広く広がっていく様が見られます。

みずがめ座は風のエレメント。希望を広げていくのです。

 

月 うお座

月なので月が対応すると思っていたけど、違うのですね。

うお座は、とても優しくて、何処までも他者に同調し、混じり合います。

それはもしかしたら傷つくのが怖いからかもしれません。

月のカードは、不透明な現状を怖がるという意味のカードです。

月の明かりだけを信じるしかないのにです。

それならいっそうずっとこの居心地のいい水辺にいてようかと、湖から少しだけ見えるザリガニは思っています。

そこから這い出して行くか行かないかは、あなた次第です。

 

太陽 太陽

太陽のカードはそのまま太陽です!

太陽は月のカードで、信じて前へ進んだ者が見ることの出来る光輝くヒマワリ園です。占星術の太陽はその人の人生、価値観、目標をそのまま表します。カードに描かれている子供のように、本当の純粋な自分というのを表しているのです。

 

審判 火のエレメント

「最後の審判」に描かれている絵に似ています。審判のカードには、再会、復活、輪廻転生、決心という意味があり、しっかりとした意志を持って進めることによって、その願いは叶います。

天使の吹くラッパは死者を甦らせるものですが、そこから地獄へ落とされるものと、永遠の命を与えられるものとに分けられるのです。「しっかりとした意志」これの無いものには、永遠の命(復活)はありえないのです。

 

世界 土星

世界のカードはタロットカードの中で一番幸福だと言われるカードです。

しかし私は相談内容によりますが、ラッキーな幸福とは少しイメージが違うなと感じています。それは何故かというと、世界はそれが最終章だからです。その後は1に戻るしかありません。

微妙な恋愛でこのカードが出ると、今の状況が二人にとって一番良い状況であり、これ以上の発展は無いと読みます。

土星は物事を制限し厳しく見極めます。いらないものはいらないと。

あやふやな関係を固く強く結ぶ場合は、世界(土星)が出ると結婚となりますし、結婚とはならない時期に世界が出てしまったら、下降をたどってしまいます。このように、運命の輪と世界は、そのカードの持つ意味の重さが違いますし、ハッピーに感じるのは、どちらかと言うと運命の輪かなと私は思っています。

 

22枚のカードを占星術に対応させて読んでみましたが、

なぜこうなるのだろう?というカードもあり、なかなか難しかったです^^;

まだまだ勉強ですね!!

 

私のカードの捉え方が、正しいのかどうか分かりませんが、

カードと言うのは人それぞれ読み方が違い、それに応じたものが出てきます。

これからもっともっと奥の深いリーディングが出来るよう、研究をしていきたいと思います(^O^)

 

それでは今日はここまで☆

 

Salon anemone*  心のセラピスト 星詠みずえ

どのセッションをやっても

1時間6000円(継続5,000円)

2時間10000円(継続9000円)

ヒプノセラピー(前世・インナーチャイルド)

心理カウンセリング

バッチフラワーレメディー

精神アロマセラピー

西洋占星術・タロットカード 

お気軽にお問合せ下さい

セッションのご依頼はコチラ → ★★★

anemone@tarot-hoshimi.com

080-3763-4574

LINE ID →anemone1117

神戸市北区八多町  神鉄道場南口駅から10分

神戸北・三田プレミアムアウトレット近く

秘密クラブ

実践!スピ力☆無限の可能性を引き出す会

週末写真集      kokoroの色