待つとき

辛いときや何をやってもうまく行かないとき、

もどかしくて、ついつい動いてしまう。

それは大概、無理やりな方法で。

人を変えようとしたり、

自分が本当に求めていない事であったり。。

 

そして、うまく行かない。

そしてまた動く(もがく)

そしてもっとおかしくなる。

 

そのループにハマり心が落ちていく。

 

だから、

そういう時は、待つしか無い。

「待つ」と言うのは、「耐える」って感じ。

 

人によって何に耐えるかは色々だと思うけれど、

何かしらそういう時は、精神をジリジリとさせられる。

じっとしていることに耐えなくてはならなかったり、

自分の気持ちを殺して周りの人間に合わせなくちゃいけなかったり。。

 

そしてそういう時は、自分の情けなを一杯感じるのです。

人からの嫌味の一言に、悔しさを感じないといけないのです。

悲しかった出来事を思い出して泣いても良いのです。

自分で自分を弱虫だと、罵ってもいい。

 

私は、それが学びだと思うから。

 

この「待つとき」に経験したことは、あとで必ず生きてきます。

自分が社会から周りから必要とされた時に、必ず生きてくるのです。

 

だから、しんどい、歯車が噛み合わない、何かが・・・。と

感じている時は、流れに任せて下さい。

自分から動かなくても良いのです。

 

 

Salon anemone*  心のセラピスト 星詠みずえ

占い    30分 3000円

占い  1時間 5000円

ヒプノセラピー 2時間 12000円

(セラピー3回コース  1回 10000円) 

お気軽にお問合せ下さい

セッションのご依頼はコチラ → ★★★

anemone@tarot-hoshimi.com

080-3763-4574

LINE ID →anemone1117

大阪市生野区 

千日前線 南巽駅2分