芸術と心の闇とドラッグと海王星

私は数年前にこのMVをたまたま見つけて、siaと言うアーティストが大好きになりました。とても艶やかな声と、心に迫ってくるような力強い楽曲とメロディーが大好きです。

 初めてこれを見た時、歌詞を知らずに何を歌っているのか分からなかったのですが、私が感じたのは、

まるで廃墟のような空虚感たっぷりの家の中で、「一人これをせずにはいられない」と言うように、狂気に満ちた女の子が踊って時間を過ごす姿です。

 

この家に住み着く幽霊でも現しているのだろうか・・・   と。

 

私は一人・・・。

私は一人・・・。

私は一人・・・。

だから、こうして過ごすしかない

どこにも向けれない心の叫びを、いつもこうやって身体で表している。

 

そんな風に感じたのです。

 

一人、そして空虚感。

この辺りはこの曲の伝えたい部分と私の感じたことが一致しました。

この曲は、夢や希望を持つことが出来ずに苦しんでいるパーティーガールを、哀しみ一杯の歌詞で表した曲なのです。

 

さて、今日は海王星のお話です。

 

海王星は魚座の支配性で、曖昧、形が無い、精神性、見えないもの、芸術性などを表します。魚座が強い人、海王星が効いている人は、とても許容範囲が広く何でも受入れようとします。深い海のような精神性。海王星、魚座を上手く使えれば、芸術性や直感、神秘的で深い優しさを伸ばすことが出来ますが、上手く使うことが出来ない場合、夢見がちでつかみどころの無い人生を歩いてしまいます。アルコール依存やドラッグに手を出してしまうことも少なくありません。薬の依存症になってしまう方は海王星が利いていることが多いです。現実逃避や妄想壁など。精神世界を重要視するアーティストは、海王星や魚座の力を強みにするミュージシャンは多いです。

海王星の世界に自ら足を踏み入れるかのように、ドラッグの世界に吸い込まれて行くミュージシャンたち。

私の好きなアーティストもほとんどがドラッグをしていた過去があったり、ドラッグで活動が休止になってしまったり。。

 

10代の頃のレディ・ガガも薬物依存症で、ベッドの上にトコジラミが大量発生し床には何匹ものゴキブリが這う部屋の中で、ドラッグをしながら作曲をしていたと言うレディーガガは憧れていたアーティストの真似をしたそうです。

そしてsiaもアルコールと薬の中毒の過去があったと言われています。

 

アルコール依存、ドラッグ依存、睡眠薬、痛み止め中毒。

 

依存症は手を出してから苦しみが始まるわけでは無く、その前からもうすでに、闇、空しさ、満たされていないものが心に中に充満しているわけです。

憧れていたミュージシャンを真似たというレディガガも、子供の頃のいじめられ体験やレイプ体験から、うつ、不安、自滅的行為が目立っていたそうです。

 

いじめやレイプなど自分以外の他者から虐げられるような人は、海王星が絡んでいることが多いです。

自分を叩いたその手で抱きしめられ、優しく撫でられた手で突き飛ばされる。信じること裏切られること、期待と失望を繰り返すような経験をします。

 

芸術家としては合やハードアスペクトの方が突出した才能として現れやすく、音楽、絵画、芸術全般、ヒーリング、セラピスト、香り、ダンスなど、そうした能力を存分に発揮することで、海王星のネガティブな作用は軽減されます。

しかし物事の深い考察や豊かな感受性を必要とする時、心の中にある闇が、その根源であることが少なからずあるのかもしれません。

Salon anemone*  心のセラピスト 星詠みずえ

どのセッションをやっても

1時間6000円(継続5,000円)

2時間10000円(継続9000円)

ヒプノセラピー(前世・インナーチャイルド)

心理カウンセリング

バッチフラワーレメディー

精神アロマセラピー

西洋占星術・タロットカード 

お気軽にお問合せ下さい

セッションのご依頼はコチラ → ★★★

anemone@tarot-hoshimi.com

080-3763-4574

LINE ID →anemone1117

神戸市北区八多町  神鉄道場南口駅から10分

神戸北・三田プレミアムアウトレット近く

秘密クラブ

実践!スピ力☆無限の可能性を引き出す会

週末写真集      kokoroの色